年中無休!商品即日発送!商品到着100%保証!
中身を知られず様に包装!郵便局留めが出来ます!
送料一律1200円!ご依頼金額2万円以上と送料無料!
ログイン 新規登録
 注文追跡  資料変更
 郵便追跡  お気に入り
 メールが不着の方へ
Home |  漢方精力剤 |  ED&ジェネリック薬  |  媚薬 |  健康美容 |  同仁堂老舗名薬 |  漢方薬 |  注文案内 |  よくある質問 |  お知らせ
商品検索:
ショッピングカートを見る
   会員窓口
   板藍根(ばんらんこん) 関連情報
板藍根(ばんらんこん)とは?
板藍根(ばんらんこん)の主な働き
こんなときには板藍根
   漢方薬一覧
  ・ レボセチリジン塩酸塩錠5mg
  ・ デスロラタジン錠5mg
  ・ フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg
  ・ ファモチジン錠20mg
  ・ 婦人科止血剤(漢方製剤)
  ・ 益母草(ヤクモソウ、メハジキ)顆粒
  ・ アジスロマイシン速溶錠250mg
  ・ アジスロマイシン錠250mg
  ・ アモキシシリン250mg
  ・ アモキシシリン500mg
  ・ 藿香正気(かっこうしょうき)滴丸
  ・ 海王金樽片
  ・ 連花清瘟カプセル
  ・ 養血清腦丸
  ・ 復方丹参滴丸  
  ・ 狐臭半月清  
  ・ 複方土槿皮酊(フクホウドキンピチンキ)  
  ・ 消炎利胆片  
  ・ 西施露噴霧劑  
  ・ 参苓白術顆粒
  ・ 天麻鉤藤顆粒/無糖  
  ・ 六君子丸  
  ・ 抗癌平丸  
  ・ 参蓮カプセル  
  ・ 回生口服液  
  ・ 臌症丸(腹水丸)  
  ・ 天壇 清涼油  
  ・ 経口避妊薬マーベロン
  ・ モーニング アフターピル(金毓亭)
  ・ 片仔こう茵胆平肝カプセル
  ・ 肝泰舒カプセル
  ・ 甘霖洗剤
  ・ 糖尿楽カプセル
  ・ 薄芝片
  ・ 骨痛霊酊
  ・ 風湿寒痛片
  ・ 正清風痛寧片
  ・ 降脂寧エキス剤
  ・ 静心助眠口服液
  ・ 腎石通顆粒
  ・ 竜薈丸
  ・ 補腎固歯丸
  ・ 立効消渇降糖カプセル
  ・ 安絡化繊丸
  ・ 鼻炎康片
  ・ 貞蓍扶正エキス剤
  ・ 参蓍十一味顆粒
  ・ 振源カプセル
  ・ 復方小活絡丸
  ・ 三金片
  ・ 槐耳顆粒
  ・ 玉泉丸
  ・ 蓍蛭降糖片
  ・ 参花消渇茶
  ・ 前列舒通カプセル
  ・ 津力達エキス
  ・ 康富来牌血尓口服液
  ・ 三奇堂養生健肝茶
  ・ 太太美容口服液
  ・ 腰痛寧カプセル
  ・ 清脳降圧片
  ・ 銀屑霊
  ・ 復方青黛丸
  ・ 銀屑顆粒(加糖型)
  ・ 通脈降脂カプセル
  ・ 白癜風丸
  ・ 胃複春片
  ・ 血滞通カプセル
  ・ 排石顆粒(無糖タイプ)
  ・ 降脂霊片
  ・ 消石片
  ・ 消癌平片
  ・ 銀屑顆粒(無糖型)
  ・ 烏蛇止痒丸
  ・ 平消片
  ・ 腰痺通カプセル
  ・ 安康欣カプセル
  ・ 潤燥止痒カプセル
  ・ 膚痒顆粒(無糖型)
  ・ 珍菊降圧片
  ・ 肝復楽片
  ・ 参耆扶正丸
  ・ 頸腰康カプセル
  ・ 湿毒清カプセル
  ・ 経口中絶薬RU486ケアセット
  ・ 仲景香砂養胃丸  
  ・ 板藍根エキス剤(三九製薬)
  ・ 板藍根(ばんらんこん)
  ・ 経口妊娠中絶薬RU486(息隠)セット
  ・ 経口妊娠中絶薬RU486セット
  ・ 正天丸(せいてんがん)
  ・ 九龍丹
  ・ 冠元顆粒
  ・ 復方棗仁カプセル  
  ・ 婦科千金片
  ・ 冠心蘇合丸
  ・ 同仁堂六味地黄丸  
  ・ 板藍根エキス剤(同仁堂)  
  ・ 大敗毒カプセル
  ・ 同仁堂烏鶏白鳳丸
  ・ 同仁堂愈風寧心片
  ・ 同仁堂牛黄清心丸
  ・ 同仁堂局方至宝丹
  ・ 同仁堂安神健脳液
  ・ 同仁堂同仁大活絡丸
  ・ 同仁堂偏たん復原丸
  ・ 同仁堂消栓再造丸
  ・ 同仁堂狗皮膏
  ・ 同仁堂感冒清熱沖剤
  ・ 同仁堂牛黄降圧丸
  ・ 蘇合香丸
  ・ 敗醤(錠剤)
  ・ 同仁堂柏子養心丸
  ・ 同仁堂同仁安神丸
  ・ 同仁堂石斛夜光丸
  ・ 同仁堂明目地黄丸
  ・ 同仁堂杞菊地黄丸
  ・ 西瓜霜喉宝
  ・ 新廣片しんこうへん  
  ・ 同仁堂牛黄上清丸
  ・ 知柏地黄丸
  ・ 参芪降糖カプセル
  ・ 胆石通カプセル
  ・ 龍胆潟肝顆粒
  ・ 護肝片(ごかんへん)
  ・ 妻之友「膣錠避妊薬」  
  ・ 参芪降糖エキス剤
  ・ 液体避妊薬康楽宝
  ・ 立秀早早孕診断盒
  ・ 片仔廣カプセル
  ・ 牛黄降圧丸 達仁堂
  ・ 前列康
  ・ 消渇丸
  ・ 雲南白薬カプセル
  ・ 至宝三鞭丸
  ・ 悦可亭
  ・ 毓亭(ユーティン)
  ・ 片仔廣(へんしこう)

  携帯からも買えます!
1.二次元バーコードでアクセス
2.携帯にサイトのURLを送信
*久雄堂携帯用サイトのURLを送ります。送りたい携帯アドレスを入力して送信してください。PCメールアドレスにも送れます!
  久雄堂漢方薬局 -> 漢方薬 -> 板藍根(ばんらんこん)
板藍根(ばんらんこん)
>>>写真拡大<<<

 商品名:板藍根(ばんらんこん)

 規格: 50g/袋

 配達方法: EMS国際宅急便
 配達日数: 約3〜5日間

板藍根(ばんらんこん) 試    用:
 1 箱    単価:650 VIP:585
板藍根(ばんらんこん) 正    式:
 2-5箱   単価:618 VIP:556
板藍根(ばんらんこん) 一ヶ月分:
 6-10箱 単価:585 VIP:526
板藍根(ばんらんこん) 二ヶ月分:
11-20箱 単価:585 VIP:526

「インフルエンザ・扁桃腺炎に板藍根(ばんらんこん).
    抗ウイルス作用がある生薬のなかで、もっとも注目を浴びているものに板藍根(ばんらんこん)があります。
    中国では、インフルエンザや扁桃腺炎、耳下腺炎(おたふくかぜ)、帯状疱疹、肝炎などのウイルスが原因となる疾患の治療に欠かせない生薬として重宝されています。
 よく使われているのは、手軽に飲める砂糖が入った甘い味のエキス剤で、A型肝炎が大流行した時やSARS騒動の時には予防と治療に大活躍しました。
    冬といえば受験シーズン本番、肝心なときのための風邪やインフルエンザの予防や治療にうまく利用してみましょう。中国の小学校では登校する生徒の咽に板藍根の煎じ液をスプレーするなど広く用いられています。
    また、扁桃腺炎を繰り返す子供にも良い効果を上げています。

板藍根(ばんらんこん)生薬

板藍根は、日本ではあまり知られていませんが、中国では冬の季節にはなじみの深い生薬です.風邪やインフルエンザにかかった時の熱症状や、のどの痛みなどにお茶代わりに飲むなどの方法で広く利用されています。

生薬とは、からだに有用な植物、鉱物などをそのまま乾燥したり、
または簡単な処理をしたものです。漢方薬などの原料としても利用されます。

板藍根(ばんらんこん)とは

タイセイやホソバタイセイというアブラナ科の植物の根を乾燥させた生薬です。
中国ではこれ以外にもキツネノマゴ科の植物リュウキュウアイ(別名:馬藍)の根や根茎も用います。

少し難しくなりますが東洋医学では、
板藍根は≪清熱解毒≫≪涼血利咽≫の薬能をもつ生薬とされています。
≪清熱解毒≫とは、細菌やウイルスによる感染や炎症に伴う発熱、腫脹、疼痛などを抑える働き、
≪涼血利咽≫とは、のぼせや発赤、紅班、鼻血、充血などの症状やのどの症状を抑える働きを意味します。
これらの作用は、現代医学的な基礎研究の結果からも裏付けられています。

板藍根(ばんらんこん)の主な働き

培養細胞などを使用した基礎研究において、次のような作用が認められています。
●抗ウイルス作用:ウイルス感染や体内での増殖を抑える働き。
●抗菌作用:細菌感染や体内での増殖を抑える働き。
●免疫増強作用:からだの免疫力を強くする働き。
●解熱消炎作用:熱を下げる働きを痛みや腫れなどの症状(炎症)を抑える働き。

板藍根(ばんらんこん)の使い方

中国では、風邪やインフルエンザの予防や、発熱やのどの痛みなどの症状に、煎じ液をお茶代わりに飲むなどの方法で、広く利用されています。
また、煎じ液でうがいをすることもウイルスや細菌の感染予防に役立ちます。

板藍根(ばんらんこん)の安全性

中国では、安全な生薬として幅広い年代層に使用されています。また、日本でも食品として流通しはじめましたが、重篤な副作用は報告されていません。

こんなときには板藍根

よく扁桃腺が腫れて高熱を出すお子様
急性の場合はもちろん、何度も繰り返す扁桃腺炎でお困りのときに!

風邪をひきやすい
インフルエンザの流行時の予防に!
風邪かなと思ったときや、受験シーズンなどで風邪をひいてはいられないときに!

のどに違和感がある
のどからくる風邪や、急性咽頭炎などでのどの痛みや腫れがひどいときに!

口内炎ができやすい
口内炎や口のまわりの水疱(ヘルペス)ができやすい方や、なかなか治らないときに!

にきびが化膿しそうなとき
ニキビや吹き出物が大きく膨れたり、化膿して痛くなりがちな方に!

お腹を壊しやすい
細菌性の急な下痢のときやお腹を壊しやすい方に!

ご注意:高熱などの症状があるお子様の場合、
必ず医師や薬剤師のアドバイスを受けた上でご使用ください。


板藍根(ばんらんこん) についてお客様の声
当店の「板藍根(ばんらんこん)」の感想を送ってください
2000円の商品が抽選で当たります。

アモキシシリン500mg
アモキシシリン500mg
アジスロマイシン速溶錠250mg
アジスロマイシン速溶錠250mg
アモキシシリン250mg
アモキシシリン250mg
アジスロマイシン錠250mg
アジスロマイシン錠250mg
連花清瘟カプセル
連花清瘟カプセル
板藍根エキス剤(三九製薬)
板藍根エキス剤(三九製薬)
同仁堂感冒清熱沖剤
同仁堂感冒清熱沖剤
板藍根エキス剤(同仁堂)
板藍根エキス剤(同仁堂)

連花清瘟カプセル
連花清瘟カプセル
  • 連花清瘟カプセル
     http://www.9-you.net/view/1597/

    【適応症状】
     各型インフルエンザ・新型コロナ肺炎、ウイルス風邪による発熱、寒気、頭痛、咳、喉乾き、喉痛、筋肉痛み、鼻水など症状に対応。新型インフルエンザにも適用。

    【主要成分】

     金銀花、連翹、灸麻黄、炒杏仁、石膏、板藍根、綿馬貫衆、魚腥草、広霍香、大黄、紅景天、薄荷脳、甘草。

    【特徴、関連内容】

     連花清瘟カプセルの処方内容(連翹・金銀花・炙麻黄・炒苦杏仁・石膏・板藍根・錦馬貫衆・魚腥草・広藿香・大黄・紅景天・薄荷脳・甘草)は大まかに麻杏石甘湯と銀翹散の組み合わせになっている。いずれも,過去に伝染病の治療で威力を発揮した名方で,主な効能は清瘟解毒・宣肺瀉熱とされている。発熱・悪寒・頭痛・筋肉痛などの症状を改善する。

     中医学では,インフルエンザの原因として「外邪」の存在に注目するが,それ以外にも内因として「内火」の存在も考える。インフルエンザ患者の多くが,発病前にのどの痛みや口内炎,歯茎の痛みなどを訴えるが,これらが内火と関係があり,さらに「上火」の状態となっていることもある。そのため単純に抗ウイルス治療だけでは十分に効果が上がらない。インフルエンザの治療では,必ず外邪を散らし,内火を冷まし,抗ウイルス作用のある処方を総合的に運用する必要がある。まさにこれら作用を組み合わせたのが,連花清瘟カプセルなのだ。

     外邪が体を襲った場合,真っ先に出てくる症状が鼻づまりや鼻水,くしゃみなどの表証の症状だ。そこで連花清瘟カプセルは解表祛邪によってこうした症状を解消する。解表では適度な発汗を伴うが,西洋薬の感冒薬にあるような眠気や体のだるさを伴うことはない。

     さらに処方からみると,体内にある内火を清瀉する力も強いことがわかる。石膏・貫衆・金銀花・連翹などに内清火熱の作用がある。さらに大黄は清火の力が強く,体内に蘊積した火熱を大便から排出させる。これらによって体内に残る発熱の原因を排除し,体温を自然に下げる。人体の体温中枢に作用して解熱するアセトアミノフェンなどの西洋薬とは異なり,体内の毒火を除くことにより発熱の再発を抑える。

     連花清瘟カプセルにはチベット高原に生育する紅景天も含まれている。紅景天には免疫力を高める作用があり,インフルエンザ患者の体質を強化し,回復力を高める目的で用いられている。

     連花清瘟カプセルは,2005年に中国衛生部が定めた『人禽流感診療方案』で治療推薦薬として記載されており,さらに2008年の四川省大地震の際にも,中国国家中医薬管理局によって被災地での推薦感冒治療薬に指定されている。2009年には衛生部の『人感染甲型H1N1流感治療方案』にも治療推薦薬として記載された。

     2009年8月21日に行われた「新型インフルエンザに対する中薬の戦略フォーラム」において,北京地壇医院は66例の新型インフルエンザ患者に対する,タミフルと連花清瘟カプセルの無作為化臨床試験の結果を発表した。それによると,タミフルを使った群の入院期間が4.6日であるのに対して,連花清瘟カプセルは4.35日であった。解熱に要する時間も,タミフルの平均2.8日に対して,連花清瘟カプセルは2.13日であり,いずれも統計学的に有意であった。さらにのどの痛みや咳・痰の症状改善に関して,連花清瘟カプセルのほうが経過が良好であった。

     連花清瘟カプセルは,こうした治療における優位性だけでなく,患者の経済的負担が少なく評価が高い。連花清瘟カプセルの価格はタミフルの8分の1にすぎない。

    【注意事項】

    1.タバコ、お酒、辛いもの、生もの、冷たいもの、油っこいものを食わないでください。

    2.この製品の服用期間は、ほかの滋養類漢方薬を同時に飲まないでください。

    3.高血圧、心臓病、肝臓病、腎臓、糖尿病など厳しい慢性疾患の患者、及び妊婦あるいはほかの治療を受けてる患者が医者の指導の下にお飲みください。

    4.扁桃腺が潰瘍、或いは体温が38℃以上の患者がお医者に見に行ってください。

    5.3日間飲んでも効かない場合は、病院へ医者に見に行ってください。

    6.子供、妊婦、哺乳期の婦人、お年寄り、虚弱体質、及び下痢の患者が医者の指導の下にお飲みください。

    7.本製品にアレルギーがある患者が飲まないでください。

    8.ほかの薬を飲んでいる患者が医者とご相談の上にお飲みください。

    【飲み方】一日に3回、1回に4錠を飲んでください。

    【内容量】0.35g×36カプセル/1箱

    【保存方法】密封して、日光直射及び高温多湿のところをなるべく避けて保管してください。


  • アジスロマイシン速溶錠250mg
    アジスロマイシン速溶錠250mg
  • アジスロマイシン速溶錠250mg
     http://www.9-you.net/view/1623/

    アジスロマイシン速溶錠250mgの特徴

     アジスロマイシンは環マクロライド系抗生物で、世界的に有名なジスロマックのジェネリック医薬品、細菌感染症の治療薬として用いられます。国内はアジスロマイシン速溶錠250mg「サワイ」として発売されています。

     アジスロマイシン速溶錠250mgはジスロマックと同等の効果をもちながら、ジスロマックに比べてはるかに価格を抑えて購入することができるのでコストパフォーマンスに優れています。

     ペニシリン系やセフェム系抗生物質にアレルギー反応があった方でも服用可能です。アレルギーが生じづらく、安全性の高い抗生物質です。少ない服用回数で効果が7〜14日間続き治療できるため、飲み忘れが少ないというメリットがあります。

     こちらは速溶錠ですので、唾液または少量の水により数十秒程度の短い時間で崩壊し、服用できる錠剤です。 外出先で飲用水が無い場合や、普通錠が嚥下困難な小児や高齢者など、様々な患者にとって使いやすいという利 点があります。

    アジスロマイシン速溶錠250mgの薬効薬理

     アジスロマイシン速溶錠250mgの主成分のアジスロマイシンは、細菌感染による感染症の治療に用いられるマクロライド系の抗生物質です。

     細菌は細胞の分裂によって増殖していきます。リポゾームという器官が細胞を分裂させる原料となるタンパク質を作り出します。

     アジスロマイシンはこのリポゾームの働きを抑えることで、細菌の増殖を抑え、死滅と抗菌に効果があります。

     国内で感染者数の最も多いクラミジアや淋病の治療に用いられ、病院でも処方される成分です。

    また、アジスロマイシンには他の抗生物質にない抗炎症作用があり、抗菌作用と合わせて感染症の治療ができる優れた成分です。

     性感染症だけでなく、咽頭炎、副鼻腔炎、気管支炎、肺炎、歯周病など多くの細菌感染症にも適応があります。

    アジスロマイシン速溶錠250mgの効果効能

    【適応菌種】

     アジスロマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、レジオネラ・ニューモフィラ、ペプトストレプトコッカス属、プレボテラ属、クラミジア属、マイコプラズマ属

    【適応症】

     深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎

    【効能又は効果に関連する使用上の注意】 

    1.淋菌を適応菌種とするのは、骨盤内炎症性疾患の適応症に限る。

    2.*咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、副鼻腔炎への使用にあたっては、「抗微生物薬適正使用の手引き」1)を参照し、抗菌薬投与の必要性を判断した上で、本剤の投与が適切と判断される場合に投与すること。

    服用方法・使用方法

    服用のタイミング

     アジスロマイシン速溶錠250mgは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく毎日決まった時間に服用してください。

    服用量の目安

     性感染症の症状の場合1000mg(250mgの錠剤の場合は4錠、500mgの錠剤の場合は2錠、1000mgの錠剤の場合は1錠)を1回服用してください。

     それ以外の症状の場合500mgを1日1回3日間、服用してください。

     中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

    推奨用量

     性感染症の場合、成人にはアジスロマイシンとして、1000mgを1回経口投与してください。

     それ以外の症状の場合、成人にはアジスロマイシンとして、500mgを1日1回、3日間合計1500mgを経口投与してください。

    アジスロマイシン錠を服用できない方

    ・アジスロマイシンに過敏症の既往歴のある方
    ・他のマクロライド系またはケトライド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある方
    ・肝臓機能に障害のある方
    ・心疾患のある方
    ・授乳中の方
    ※服用の際は、医師の指示に従ってください。

    主な副作用

     主な副作用には、発疹、蕁麻疹、そう痒症、胃腸症状、腹痛、吐き気などがあげられます。

     また重篤な副作用として、皮膚に発進や水ぶくれ、口の中のただれ、発熱や目の充血などの症状が現れる場合があります。

     アナフィラキシーショックや皮膚粘膜眼症候群などの重篤な皮膚症状に発展してしまう恐れがあるので、このような前兆となる症状には注意が必要です。

     万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

     アジスロマイシン速溶錠250mgの作用時間は7〜14日間と長いため服用を終了してから数日後に副作用が生じることがあります。

    ※アナフィラキシーショックとは?

     アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

    ※皮膚粘膜眼症候群とは?

     急激に発症する皮膚・粘膜の炎症性疾患です。高熱や全身の倦怠感など症状を伴い、口唇、口腔、眼、外陰部などを含む全身に紅斑、水疱などが発症し表皮の壊死性障害を認める疾患です。また、ウイルス感染を契機に発症する場合があります。

    併用注意

     併用注意薬は、アジスロマイシン速溶錠250mgと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

    ・制酸剤(水酸化アルミニウム、水酸化マグネシウム):本剤の最高血中濃度低下の恐れがあります。

    ・抗凝固薬(ワーファリン):抗凝固薬の作用を強めてしまう恐れがあります。

    ・免疫抑制剤:免疫抑制剤の最高血中濃度の上昇や半減期延長の恐れがあります。

    ・エイズ治療薬:最高血中濃度の上昇の恐れがあります。

    ・強心剤:ジゴキシン中毒が現れる可能性が高まる恐れがあります。

    保管方法

    ・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。
    ・小さな子の手が届かない場所に保管してください。
    ・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。
    ・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。
    ・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

    メーカー

    科倫薬業

    許可番号

    国薬準字H10980160

    参考サイト

    商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。

    アジスロマイシン - Wikipedia

    服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。

    医療用医薬品 : アジスロマイシン


  • 同仁堂感冒清熱沖剤
    同仁堂感冒清熱沖剤
  • 同仁堂感冒清熱沖剤
     http://www.9-you.net/view/214/
    同仁堂感冒清熱沖剤の効能:天然漢方原料を組み合わせた解熱の総合作用がある薬です。特に感冒の初期に即効性があります。エキス剤ですので、子供にも飲みやすくなっています。すべての成分が天然生薬ですので、副作用の心配はいりません。
  • アジスロマイシン錠250mg
    アジスロマイシン錠250mg
  • アジスロマイシン錠250mg
     http://www.9-you.net/view/1622/

    アジスロマイシン錠250mgの特徴

     アジスロマイシン錠は環マクロライド系抗生物で、世界的に有名なジスロマックのジェネリック医薬品、細菌感染症の治療薬として用いられます。国内はアジスロマイシン錠250mg「サワイ」として発売されています。

     アジスロマイシン錠250mgはジスロマックと同等の効果をもちながら、ジスロマックに比べてはるかに価格を抑えて購入することができるのでコストパフォーマンスに優れています。

     ペニシリン系やセフェム系抗生物質にアレルギー反応があった方でも服用可能です。アレルギーが生じづらく、安全性の高い抗生物質です。

     少ない服用回数で効果が7〜14日間続き治療できるため、飲み忘れが少ないというメリットがあります。

    アジスロマイシン錠250mgの薬効薬理

     アジスロマイシン錠250mgの主成分のアジスロマイシンは、細菌感染による感染症の治療に用いられるマクロライド系の抗生物質です。

     細菌は細胞の分裂によって増殖していきます。リポゾームという器官が細胞を分裂させる原料となるタンパク質を作り出します。

     アジスロマイシンはこのリポゾームの働きを抑えることで、細菌の増殖を抑え、死滅と抗菌に効果があります。

     国内で感染者数の最も多いクラミジアや淋病の治療に用いられ、病院でも処方される成分です。

     また、アジスロマイシンには他の抗生物質にない抗炎症作用があり、抗菌作用と合わせて感染症の治療ができる優れた成分です。

     性感染症だけでなく、咽頭炎、副鼻腔炎、気管支炎、肺炎、歯周病など多くの細菌感染症にも適応があります。

    アジスロマイシン錠250mgの効果効能

    【適応菌種】

     アジスロマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、レジオネラ・ニューモフィラ、ペプトストレプトコッカス属、プレボテラ属、クラミジア属、マイコプラズマ属

    【適応症】

     深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎

    【効能又は効果に関連する使用上の注意】

    1.淋菌を適応菌種とするのは、骨盤内炎症性疾患の適応症に限る。

    2.咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、副鼻腔炎への使用にあたっては、「抗微生物薬適正使用の手引き」1)を参照し、抗菌薬投与の必要性を判断した上で、本剤の投与が適切と判断される場合に投与すること。

    服用方法・使用方法

    服用のタイミング

     アジスロマイシン錠250mgは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく毎日決まった時間に服用してください。

    服用量の目安

     性感染症の症状の場合1000mg(250mgの錠剤の場合は4錠、500mgの錠剤の場合は2錠、1000mgの錠剤の場合は1錠)を1回服用してください。

     それ以外の症状の場合500mgを1日1回3日間、服用してください。

     中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

    推奨用量

     性感染症の場合、成人にはアジスロマイシンとして、1000mgを1回経口投与してください。

     それ以外の症状の場合、成人にはアジスロマイシンとして、500mgを1日1回、3日間合計1500mgを経口投与してください。

    アジスロマイシン錠を服用できない方

    ・アジスロマイシンに過敏症の既往歴のある方

    ・他のマクロライド系またはケトライド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある方

    ・肝臓機能に障害のある方

    ・心疾患のある方

    ・授乳中の方

    ※服用の際は、医師の指示に従ってください。

    主な副作用

     主な副作用には、発疹、蕁麻疹、そう痒症、胃腸症状、腹痛、吐き気などがあげられます。

     また重篤な副作用として、皮膚に発進や水ぶくれ、口の中のただれ、発熱や目の充血などの症状が現れる場合があります。

     アナフィラキシーショックや皮膚粘膜眼症候群などの重篤な皮膚症状に発展してしまう恐れがあるので、このような前兆となる症状には注意が必要です。

    万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

    アジスロマイシン錠250mgの作用時間は7〜14日間と長いため服用を終了してから数日後に副作用が生じることがあります。

    ※アナフィラキシーショックとは?

     アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。

    90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。

     症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

    ※皮膚粘膜眼症候群とは?

     急激に発症する皮膚・粘膜の炎症性疾患です。

     高熱や全身の倦怠感など症状を伴い、口唇、口腔、眼、外陰部などを含む全身に紅斑、水疱などが発症し表皮の壊死性障害を認める疾患です。

     また、ウイルス感染を契機に発症する場合があります。

    併用禁忌

     現在報告されておりません。

    併用注意

    併用注意薬は、アジスロマイシン錠250mgと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

    ・制酸剤(水酸化アルミニウム、水酸化マグネシウム)

    本剤の最高血中濃度低下の恐れがあります。

    ・抗凝固薬(ワーファリン)

    抗凝固薬の作用を強めてしまう恐れがあります。

    ・免疫抑制剤

    免疫抑制剤の最高血中濃度の上昇や半減期延長の恐れがあります。

    ・エイズ治療薬

    最高血中濃度の上昇の恐れがあります。

    ・強心剤

    ジゴキシン中毒が現れる可能性が高まる恐れがあります。

    保管方法

    ・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。
    ・小さな子の手が届かない場所に保管してください。
    ・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。
    ・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。
    ・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

    参考サイト

    商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。

    アジスロマイシン - Wikipedia

    服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。

    医療用医薬品 : アジスロマイシン


  • 板藍根エキス剤(同仁堂)
    板藍根エキス剤(同仁堂)
  • 板藍根エキス剤(同仁堂)
     http://www.9-you.net/view/232/
    板藍根エキス剤(同仁堂)の紹介:解毒効果が優れている板藍根を主材料として加工した薬です。中医臨床でも、インフルエンザ、扁桃体炎、流行性耳下腺炎、伝染性肝炎等温熱毒邪による症状によく使うくすりです。
  • アモキシシリン250mg
    アモキシシリン250mg
  • アモキシシリン250mg
     http://www.9-you.net/view/1621/

     アモキシシリンは、ペニシリン系の抗生物質です。 皮膚感染症、咽頭・喉頭炎、副鼻腔炎(急性・慢性)、扁桃炎・急性気管支炎、膀胱炎、中耳炎、淋病や梅毒などの性器感染症、手術後や外傷への二次感染の予防、胃潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリの除菌、歯周病など、さまざまな感染症に使用されている抗菌薬です。 細菌の殺菌効果が強いので、さまざまな感染症治療薬として使われています。また、細菌による二次感染時やその予防のために使用されこともあります。

    効果・詳細

     アモキシシリンカプセルの有効成分アモキシシリンは、ペニシリン系の抗生物質です。細菌による感染症に有効です。

     抗生物質の作用は「殺菌作用」と「静菌作用」の2種類に分けられますが、アモキシシリンは、殺菌作用を持つ抗生物質にあたり、細菌を死滅させることによって症状を緩和させます。病原菌が死滅することにより、腫れや発赤がおさまり、痛みがとれ、発熱してる場合は解熱します。

     皮膚感染症、咽頭・喉頭炎、副鼻腔炎(急性・慢性)、扁桃炎・急性気管支炎、膀胱炎、中耳炎、淋病や梅毒などの性器感染症、手術後や外傷への二次感染の予防、胃潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリの除菌、歯周病など、さまざまな感染症に使用されます。

    ※さまざまな細菌に対して効果がありますが、クラミジアやニキビの原因菌・アクネ菌への効果は認められていません。

    【アモキシシリンの適応菌種】

    ・梅毒トレポネーマ
    ・淋菌
    ・ヘリコバクター・ピロリ菌
    ・本剤に感性のブドウ球菌属
    ・レンサ球菌属
    ・肺炎球菌
    ・腸球菌属
    ・大腸菌
    ・プロテウス、ミラビリス
    ・インフルエンザ菌

    【アモキシシリンの適応症状】

    ・梅毒
    ・淋病
    ・咽頭炎
    ・喉頭炎
    ・扁桃炎
    ・急性気管支炎
    ・肺炎
    ・中耳炎
    ・歯周組織炎
    ・膀胱炎
    ・腎盂腎炎
    ・前立腺炎(急性症、慢性症)
    ・精巣上体炎(副睾丸炎)
    ・歯周組織炎
    ・歯冠周囲炎
    ・顎炎
    ・大腸菌
    ・インフルエンザ
    ・皮膚炎
    ・子宮内感染
    ・子宮付属器炎
    ・子宮旁結合織炎
    ・表在性皮膚感染症
    ・深在性皮膚感染症
    ・リンパ管炎
    ・リンパ節炎
    ・慢性膿皮症
    ・乳腺炎
    ・骨髄炎
    ・涙嚢炎
    ・麦粒腫
    ・猩紅熱
    ・外傷、熱傷及び手術創等の二次感染
    ・びらん、潰瘍の二次感染
    ・慢性呼吸器病変の二次感染 など

    【他の治療薬と併用治療】

    ・胃潰瘍
    ・十二指腸潰瘍
    ・胃MALTリンパ腫
    ・特発性血小板減少性紫斑病
    ・早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症
    ・ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎  

    飲み方・使い方

     水又はぬるま湯で下記症状に合せた容量を服用して下さい。

     治療する症状により、治療期間や用法用量が変わりますので、必ずご確認下さい。完治するまで治療を継続しない場合、薬が効きにくくなる耐性菌を作り出してしまう為、かえって治りにくくなる場合が御座いますので、必ず完治するまでしっかりと治療して下さい。

    【成人の服用方法】

    ・1日3〜4回 1回250mgを服用して下さい。
    ※年齢や症状によって適量に増減して下さい。

    【小児の服用方法】

     小児の場合、体重1kgに対してアモキシシリン20mg〜40mgを1日3〜4回にわけて服用して下さい。但し、1日の最大量を90mg/kgを超えないこと。
    ※年齢や症状によって適量に増減して下さい。
    ※症状や耐性菌によっては治療期間が長引く場合も御座いますので、医師の指示に従ってご使用下さい。

    【梅毒の飲み方】

     1回500mgを1日3回、4週投与が基本治療になります。

    【ヘリコバクター・ピロリ菌に対する服用方法】

    ・アモキシシリン水和物1回750mg
    ・クラリスロマイシン1回200mg
    ・プロトンポンプインヒビター
    上記の3剤を1日2回同時に1週間継続して服用します。
    ※但し、クラリスロマイシンを必要に応じて最大1回400mgまで適量に増減が可能。

    【ピロリ菌治療不成功時の服用方法】

    ・アモキシシリン水和物1回750mg
    ・メトロニダゾール1回250mg
    ・プロトンポンプインヒビター
    上記の3剤を1日2回同時に1週間継続して服用します。
    ※プロトンポンプインヒビターは、ランソプラゾールとして1回30mg、オメプラゾールとして1回20mg、ラベプラゾールナトリウムとして1回10mg又は、エソメプラゾールとして1回20mgのいずれか1剤を選択します。

     服用方法については、あくまでも目安となりますので、ご不安な方は医師や薬剤師にご相談下さい。

    ※効果や副作用、服用方法に関しましては、一般的な情報を記載させて頂いております。服用及び使用に関する一切の責任を負いかねます。ご了承下さい。

    副作用

    【よくある副作用】
    発疹(小さな赤い出来物等)、じんましん(赤く腫れる)、軟便、下痢、腹痛、吐き気、味覚異常など

    【副作用(重度)】

    「アナフィラキシーショック」

    気持ち悪い、冷や汗、顔面蒼白、手足の冷え、手足の痺れ、じんましん、全身発赤、顔の腫れ、喉の腫れ、呼吸困難、目眩、血圧低下、意識が遠のくなど

    「腎臓異常」

    尿が少量、尿が出ない、尿の濁り、尿が泡立つ、血尿、むくみ、だるさ、吐き気、側腹部痛、頭痛、けいれん、喉の渇き、血圧上昇など

    「血液異常」

    発熱、喉の痛み、口内炎、だるさ、皮下出血(血豆や青あざが出来る)、鼻血、歯肉出血など

    「大腸炎」

    激しい腹痛、下痢、発熱、血便、下血など

    「皮膚・粘膜異常」

    発疹、発赤、水ぶくれ、膿、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内がただれる、喉の痛み、目の充血、発熱、全身のだるさなど

    「肝臓異常」

    体のだるさ、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、黄疸、尿が茶褐色など

    「肺炎」

    から咳、息苦しさ、息切れ、発熱など

    ※その他異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受診して下さい。

    併用禁忌・使用上の注意

    【併用注意薬】

    下記の薬剤等と併用する場合は、薬の効果が増減したりするので注意が必要です。

    併用が可能かどうか、必ず医師に確認をとり指示に従って下さい。

    ・抗血栓薬ワルファリン(ワーファリン)の作用増強
    ・避妊薬の避妊効果低下

    【使用上の注意】

    下記に該当される方は、慎重に投与する必要が御座います。

    ・アレルギー体質
    ・喘息
    ・じんましん
    ・腎臓病
    ・高齢者 など
    ・症状や治療期間によって用法用量が変わる為、医師の指示に従って正しく服用して下さい。

    【耐性菌】

     完治する前に使用をやめた場合、残った菌が薬剤に対して抵抗力を持つ耐性菌が増加してしまいます。最初から耐性菌だった場合や、中途半端な治療によって耐性菌に変化した場合、従来の治療期間では薬剤が効きにくくなってしまう為、長期間治療を行わなくては菌が完全に死滅しない場合がありますので、ご注意下さい。


  • 板藍根エキス剤(三九製薬)
    板藍根エキス剤(三九製薬)
  • 板藍根エキス剤(三九製薬)
     http://www.9-you.net/view/363/
    板藍根エキス剤(三九製薬)の効能 解毒効果が優れている板藍根を主材料として加工した薬です。中医臨床でも、インフルエンザ、扁桃体炎、流行性耳下腺炎、伝染性肝炎等温熱毒邪による症状によく使うくすりです。 【効能】インフルエンザ、扁桃体炎、咽頭炎、流行性耳下線炎、肝炎などの治療に。
  • アモキシシリン500mg
    アモキシシリン500mg
  • アモキシシリン500mg
     http://www.9-you.net/view/1620/

    アモキシシリンがおすすめの方

    梅毒や淋病を治療したい
    細菌感染症による炎症に悩んでいる
    感染に備えたい
    通院せずに病院の処方薬がほしい

    アモキシシリン500mgの特徴

    アモキシシリンは、梅毒治療などに用いられる細菌感染症の治療薬です。

    日本国内でも処方されている「サワシリン」や「パセトシン」のジェネリック医薬品で、カプセル型が特徴です。

    アモキシシリン500mgの効果

     主成分のアモキシシリンは、細菌感染による感染症の治療に用いられるペニシリン系の抗生物質です。アモキシシリンには細菌の細胞壁を破壊するはたらきがあり、それによって細菌の増殖を抑え抗菌します。
     主に梅毒の治療に用いられますが、他にも淋病、ものもらい、深在性皮膚感染症、リンパ節炎、急性気管支炎、ピロリ感染症、咽頭炎、胃潰瘍などの細菌感染症にも適応があります。

    梅毒への効果

     梅毒は進行するごとに様々な症状が現れ、治療せず何年も放置すると死に至る恐ろしい病気です。適切な治療が受けられる現在では完治できる病となりましたが、進行するごとに治りにくくなるため早い段階での治療が重要です。
     アモキシシリン500mgは、そんな梅毒の第一選択薬となっています。近年はマッチングアプリなどの普及により、特に梅毒の患者数が急増しています。しこりや全身の湿疹など、梅毒に似た症状が出た場合は早めの検査・治療を心がけてください。

    服用方法・使用方法

    ※梅毒などヘリコバクター・ピロリ感染を除く感染症の場合
    1回250mgを1日3〜4回服用、年齢や症状によって適宜増減する

    ※梅毒の場合、日本国内の治療ガイドラインでは以下の服用方法が第一選択とされています。

    1回500mgを1日3回、 4週間服用

    ヘリコバクター・ピロリ感染症の場合

    1回750mgをクラリスロマイシンなどと共に1日2回、7日間服用

    用量に関して

     当サイトで取り扱っているアモキシシリンの用量は250mg/500mgの2つがありますが、中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

    服用のタイミング

     アモキシシリン500mgは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく毎日決まった時間に服用してください。

    飲み忘れた場合

     飲み忘れた場合は、気づいた時点ですぐ服用してください。ただし、次の服用時間が迫っている場合は服用しないようにしてください。

    アモキシシリンを服用できない方

    ・ペニシリン系薬剤に対して過敏症の既往歴のある方
    ・アモキシシリンを服用してショックの既往歴のある方
    ・伝染性単核症の方
    ・発疹や蕁麻疹などのアレルギー症状を起こしやすい体質の方
    ・高度の腎臓障害のある方
    ・経口摂取の不良な方
    ・高齢者
    ・妊娠または妊娠している可能性のある方
    ・授乳中の方
    ・子供
    ※服用の際は、医師の指示に従ってください。

    主な副作用

    主な副作用は以下の通りです。

    ・発疹
    ・下痢
    ・吐き気、嘔吐
    ・食欲不振
    ・腹痛
    ・発熱
    ・口内炎
    ・カンジダ症

     ヘリコバクター・ピロリ感染症の場合は、下痢や軟便といった症状が特に多く見られます。(頻度13%〜15%程度)

     また、梅毒の場合は服用後1-4時間前後を目安として倦怠感、発熱、頭痛といった症状が出る場合があります。(ヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応)

     これは薬が効いている証拠であり、24時間程度で改善する症状のため事前に把握しておきましょう。

    稀に起こる副作用

     頻度不明な重大な副作用として、アナフィラキシー、大腸炎、皮膚障害、血液障害、肝臓障害、腎臓障害などがあげられます。万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。
    ※アナフィラキシーショックとは?
    アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

    併用注意

    併用注意薬は、アモキシシリンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。
    ・ワーファリン:ワーファリンの効果が強まる恐れがあります。
    ・経口避妊薬(低用量ピル、アフターピルなど)避妊薬の効果が弱まる可能性があります。

    保管方法

    ・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。
    ・小さな子の手が届かない場所に保管してください。
    ・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。
    ・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。
    ・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

    参考サイト

    服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
    医療用医薬品 : アモキシシリン

    商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
    アモキシシリン - Wikipedia



  • Google
     
    + ご利用規約 + 会社概要 + 注文案内 + 相互リンク + お支払い方法 + お問い合わせ + 代理募集 + 健康関連コラム +
    販売者名:久雄堂大薬店   電話番号:0086-20-83838688(中国)
    所在地:中国広東省広州市東風東路627号広州市第八人民医院内
    Copyright ©2006-2023  9-you.net